株式会社 大和化銀

業務内容

弊社では数種類の商品を大阪市の指導の下、適正に処理またはリサイクルしております。

弊社が扱っている処分可能な商品を大きく分類して廃プラスチック、廃酸・廃アルカリ(共に特管を含む)の3種類に分けられます。

処分方法として廃プラスチックは焼却処理・廃酸・廃アルカリは中和処理を行っています。ここでは廃プラスチックの商品の中で主に取り扱っている、廃フィルム・廃酸では写真定着液、その他の酸廃液(リンス、ガムなど)、廃アルカリでは写真現像液を例にあげ、簡単に説明いたします。

廃フィルム(廃プラスチック)の処分では、銀が含まれているかどうか選別した後焼却し、灰化したものを坩堝(るつぼ)で溶解します。溶解された液から銀宰を取り除き、残ったものが銀となります。

写真定着液(廃酸)の処分では、電解により銀と酸廃液に分けられます。分けられた酸廃液とその他の酸廃液(リンス、ガム)は共に写真現像液(廃アルカリ)と中和し、最終処分会社へ委託します。

弊社はこのような中間処理業務として中和処理までを行い、この処分以外に収集運搬業務も行っております。

また上記3種類に限らず、弊社が取り扱っている商品も他にも多数あります。

※PDFファイルをご覧になるにはADOBE READERが必要です。Get ADOBE READER
各処理方法のフロー図(ファイル形式:PDF、サイズ:654KB)別ウインドウで開きます 年間報告書の記入方法(ファイル形式:PDF、サイズ:782KB)別ウインドウで開きます 弊社お取り扱い産業廃棄物 会社概要お問い合わせ